ソニー、バースピーカー1本で臨場感あふれる3次元の立体音響を楽しめるデュアルサブウーファー内蔵のサウンドバー『HT-X8500』発売

2019-04-29 14:18:03 栏目:日文新闻稿 查看()

東京, 2019年03月26日 - ソニーは、独自のバーチャルサラウンド技術で最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」と「DTS:X(R)」に対応し、バースピーカー1本で臨場感あふれる3次元の立体音響を楽しめる、デュアルサブウーファー内蔵のサウンドバー『HT-X8500』を発売します。また、大出力で迫力ある音を実現するサウンドバー『HT-S350』も発売します。



『HT-X8500』は、高さ方向の音を表現するソニー独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」と、平面方向に前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」で、3次元の立体音響を実現します。従来のチャンネルベースに、音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」や「DTS:X(R)」のほか、テレビ放送などのステレオ音声も立体音響で再生します。また、高さ約6.4cm、奥行き約9.6cmとテレビ前の限られたスペースにも収まるスリムな形状ながら、本体前面にサブウーファーを2基搭載し、力強い重低音を実現します。さらに、入力された4K信号およびHDR※1信号をそのまま4Kテレビに送信するパススルーのほか、eARC (Enhanced Audio Return Channel)に対応。対応するテレビとHDMIケーブルで接続するだけで、AV機器からテレビ経由で伝送される高音質の音声フォーマットを再生できます。簡単な接続で、高画質の映像を高音質とともに楽しめます。

『HT-S350』は、合計230Wの大出力を実現したアンプを搭載しています。また、大口径の16cmスピーカーユニットを採用したワイヤレスサブウーファーと「S-Force PRO フロントサラウンド」により、迫力があり、包み込まれるような豊かなサラウンドサウンドを実現します。

ソニーは、臨場感のある音を手軽に楽しめるサウンドバーの機種を拡充し、お客様により快適な視聴体験を提供します。

扫二维码与传播经理沟通

我们在微信上24小时期待你的声音

解答行业疑问/产品疑问/案例疑问

遍布全球郑重申明:任何单位或个人,不得引用该案例展示!